生理がある=妊娠できるとは限らない|妊活の大切さ

今の晩婚化の傾向のある日本では女性の高齢出産も珍しくありません。
ですから、妊娠・出産のことにもあまり「無頓着な女性も少なくないのです。
しかし
「月経(生理)がある = 妊娠できる」
と考えていませんか?
女性も30代後半になってくると高齢出産や不妊という言葉も頭をよぎってきます。
ココで知っておいいて星野は
排卵しなくても月経(生理)は起こっている
ということなんです。
子宮ではエストロゲンによって子宮内膜が作られ、月経(生理)とともに剥がれ落ちていきます。
この一連の流れは排卵がないのに凝っていることもあります。

30代後半になってくると経血の量も変わってきたり、月経周期が短くなったりすることがありますが、これは卵巣機能が低下してきていることによるものです。
経血の量が多いと子宮の機能が順調と勘違いしてはいけません。
むしろその逆のことが多いのです。
ストレスの影響などでホルモンバランスを崩し、エストロゲン分泌が
くるっていることもあります。
講師y田状況は基礎体温を付けているとよく和k離あmす。
その意味でも妊活はおすすめなのです。
今自分お体でなにがおこっているか?
それがわかるのが妊活です。

排卵が無くても月経(生理)が起こりうるというのは避妊経口薬のピルの場合でもよくわかります。
低用量ピルには一定量のエストロゲンとプロゲステロンが配合されています。
これを飲み続けることで体内にホルモンがある状態をキープしているのでsづ。
普通の女性の身体の状態では脳が女性ホルモンがないことを察知して。卵巣から様々なホルモンを分泌するように指示を出します。
しかしピルを飲んでいると体内に必要な女性ホルモンがすでに分泌されていると脳が勘違いを起こしてその指令を出さないようにしているのです。
すると排卵は起こりません。
しかし、ホルモン自体はピルによって体内に存在するので子宮内膜が作られ月経も起こるのです。
妊活には女性ホルモンのこともしっかりとも理解してておいてください。
よもぎ蒸し 生理中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です