テレビを窓側に置かないことをすすめる理由

狭い部屋にテレビを置く場合には、いろいろな制約情感が出てきます。
ですから最適な場所にテレビがいけないことも多いことでしょう。
でもい、できればテレビは窓の横に置くのは避けたいところです。

なぜなら直射日光や反射光のせいでとても画面が見づらくなるのです。
昼間は仕事や学校でほとんど部屋にはいない方なら、そこまで下悪必要もないのですが休日や祭日に部屋でゆっくりテレビでも見ようとしたときに、とても困るのです。

sどして、それはテレビを観る人間だけでなくテレビ本体にも大きな悪影響がありあmす。
窓の近くに置いたテレビは太陽熱で厚くなります。
特に夏場の閉め切った部屋では、ましてテレビの多くは黒っぽい色をしているのがほとんどです。
テレビを触るとい恐ろしく高温になっているの驚くことでしょう。
さらに、窓の近くにテレビを置くのをおすすめしない理由に「結露」の問題もあります。
冬場の閉め切った部屋では窓に多くの結露が発生してしまいます。
その結露のせいでテレビの故障や調子が悪くなる可能性が高くなってしまいます。

さらにテレビには直接コンセントにつないでほしいものです。
今はたくさん?電化製品で溢れている部屋も多いことでしょう。
そのためどうしてもたこ足配線委なりがちです。・
たこ足配線は火災の原因にもなるので絶対避けたいものなのですが、テレビにも影響があります。
電圧が下がってしまうたこ足配線では画面の画質にも悪永ky9王が出ることがあるのです。

またテレビ画面を拭く時にはどうしていますか?
電源を切らずに濡れ雑巾で拭いては感電のおそれもあります。
また、多くの方は科学雑巾で拭くことでしょうが、それだと科学ぞうきんの油分がついたままになってしまうことがあります。

テレビの画面を拭く時はシンプルイズベスト
乾いた綺麗なぞうきんで拭くのが一番です。

テレ簿意は今の生活には欠かせない存在の家電です。
置き場所にもしっかりこだわって快適なテレビライフをおくってください。
老人 テレビ うるさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です