Monthly Archives: 5月 2022

日焼け止めクリームがお肌に与える悪影響のことも知っておこう

紫外線には真皮まで届きてしまうA波というものがあります。
これがいわゆるお肌の「光老化と呼ばれる現象を引き起こします。
「光老化」とは言葉の通り「太陽光による肌の老化」のことですい。
真皮が太陽からの紫外線によって傷つけられて
コラーゲンの断裂
頑なった不良のエラスゲンが増加
これらがお肌のしわやたるみの下人位なります。

そこでみなさん太陽からの紫外線対策に使うのが「日焼け止めクリーム」です。
しかしこの日焼け止めクリームにはおp肌には決していいとは言えない界面圧政剤も配合されていますン。
特に遮光効果を出す紫外線吸収剤は散乱剤よりも強力な刺激があるものが多いです。
ですから日焼け止めクリームがあまりお肌によくないことも知っておきましょう。
できれば日焼け止めクリームよりも
UVカットの帽子をかぶったり
日傘をさしたりして
日中の紫外線から防御するほうがお肌にとっては優しいことなのです。

紫外線をもっとも浴び尾安野がお顔

身体はいつも衣類を着ていますから、比較的紫外線からは守られています。
また腕や足なども紫外線対策用のグッズがたくさ塗りだされています。
困るのはお顔です。
私の暮らす大阪の下町ではまるで「戦隊もののヒーロー」みたいなサングラス素材の仮面をかぶっているおばちゃんがたくさんいます。
さすがに「あばちゃん、そこまでせんでももうエエやろ」とおもうのですが、女性はいくつになっても綺麗で痛いのです。

話はそれましたが
お顔に紫外線をたくさん浴びすぎる怖いのが「肝斑:です。
肝斑とは主に頬骨のあたりにできるもやっと試着炭で、30代以上の女性によく現れます。
肝斑の下人はホルモンバランスの影響もあると言われていますが
・紫外線
・過度の化粧やスキンケア
も大きく関係しています。

ですからやはり暑い季節に外に外出する場合はUVカットの防止や日傘
さらにお肌には悪影響があるとしてもやはり日焼け止めクリームを使った方がいいかもしれません。
ピンキッシュボーテ 黒ずみ 効果

徘徊高齢者を探し出すシステムやネットワークがある

徘徊は顔z九の負担がとても大きいものです。
自分で自宅に帰れなくなってしまった認知症の高齢者の対応はどうすればいいのでしょうか?
家族からすれば
暑い時期なら熱中症や脱水症状はなっていないか?
寒い時期なら薄手のセーター一枚で出て行ってしまって凍えていないか?
もういてもたってもいられません。

一度徘徊をしたお年寄りのいるお家では
玄関のドアにベルを付けて、出かけるのをわかるようにしたり
靴のかかとなどに連絡先を書いたシールを貼っておいて万が一の時にはすぐに連絡が来るようにしておく
などなど様々な工夫を皆さんされていますが、それで徘徊がなくなることはありません。

「見かけたら連絡をください」
と近所の人や本人が立ち寄りそうな場所に予め協力を依頼しておくのもいいかもしれません。

ご家族の中には親が認知症なことを恥ずかしがって隠したりされる方も少なくありません。
でも、今は昔とちがい、認知症の理解が進んでいますから決してそれが恥ずかしいことではありません。

徘徊高齢者を探し出すシステム

市町村の中には行方が分からなくなった高齢者をGPS位置情報で探し出し、家族に連絡してくれる「徘徊高齢者探索サービス」があるところもあります。
このサービスを利用するには本院い携帯電話を持たせる必要があります。
嫌がる場合はさりげなく衣類のポケットに忍ばせたり、外からわからない場所に縫い付けてお行く方法もありあmす。
また地域によっては「入会高齢者SOSネットワーク」という
行方がわからなくなった高齢者を警察署や地域の日宇都が協力して捜索するシステムがあります。
予め本人の特徴などの情報を登録し、行方不明になった関係機関威連絡がいくものです。
早期に発見され、無事に保護される可能性を少しでも高めるのに役立ちます。
お住まいの地域でこのようなサービスがじっしされていないか?
市町村の高齢福祉課などの窓口で相談してみましょう。
認知症 GPS キーホルダー

ゴミ屋敷の片付けで「疲れない捨て方」は

ゴミ屋敷の片付けはまず膨大な物を捨てること威になります。
そのストレスと労力は予想以上に大変です。
しかもゴミ屋敷にはゴミ以外の物もたくさんあるのです。

そこでゴミ屋敷の片付け前にルールを決めておくことをおすすめします。
例えば
・今年一度も着なかった洋服は捨てる
・本は古本屋に引き取ってもらう
などアイテムごとに「残す」「処分する」を決めておくのです。
そうすることで捨てるハードルも低くなり、効率もかなり上がります。

今は捨てるのも大変です。
お住まいの地域の自治体によってゴミ屋敷の物を処分するやり方も異なります。
一般ゴミの出し方
粗大ゴミの出し方
しっかりと調べておきましょう。
粗大ごみでも
引き取ってくれる物
引き取ってくれない物
その選別も必要です。
また一度に大量に出せない場合もあります。
そんな時は自分でクリーンセンターに持ち込むことも考えなくてはなりません。

また家電などは「リサイクル法で専門の業者に引き取ってもらわないといけません。

ゴミ屋敷の片付けのコツは
まず「すぐに捨てられる物」からとりかかりましょう。
部屋の中にある大量のゴミ
まずは目るごみ
燃えないごみ
を選別して袋詰めしていきます。
すぐに部屋中がゴミ袋でいっぱいにあると思います。
できればゴミ収集日の前日に行うのがおすすめです。
ゴミ収集の日に袋詰めした袋をゴミ収集に出す。
そして、またゴミを選別して袋に詰める
これを数回繰り返していけば、かなりゴミを片付けるためのスペースができると思います。

ゴミ屋敷の片付けではこの空間がとても重宝するのです。

それともう一つのゴミ屋敷の片付けのコツは
玄関まわりから着手することです。
まずは義身を室外に出すのに動線を確保しなければなりません。
せっかくゴミを袋詰めしても室外に出せなければだめだからです。
玄関まわりのゴミを片付けてから徐々に部屋の奥へと片付けをやっていくのです。
意外と袋詰めしたご意味が出せない?
ということに後で気づく方も多いのでご注意ください。
ゴミ屋敷 東京