男には敏感さが、女性には鈍感さが足りません

男と女に感受性の差はとても相性において大切です。
つまり男性は女性が気付いて欲しいポイントには気づかず、
女性は男性が気付いて欲しくないポイントに気づくものなのです。
そこに男と女御パイ賞の良さが現れてきます。

鈍感な男性には敏感な女性のほうが相性が抜群です。
しかし、鈍感な男性に鈍感な女性
あるいは敏感な男性に敏感な女性
ではその相性は必ずしも良いとはいえません。

男女間の関係を円滑に進めるには
男性の敏感さ
女性の鈍感さ
これが相性抜群なのです。
言い換えれば
気づいて欲し女性と
気づいて欲しくない男性
これが絶妙なのです。
しかし、これにもある程度の限度も大事です。
あまりに敏感すぎる男性ほど女々しくなります。
あまりに鈍感すぎる女性ほどオッサン化してゆきます。

男性は敏感になりすぎず
女性は敏感になりすぎず
その塩梅(あんばい)が大切なのです。

えてして男性には美bンb監査がありません。
えてして女性には鈍感さが足りません。

女性が好きな男性のために髪を切ったり、マニュキュアの色を変えたことに気づかないのが男です。
男性は自分お好きな女性には自分のダメな所には気づいて欲しくはないのですが、これに素早く気づいてしまうのも女性です。

だかrたこそ円満な男女関係を築き上げるには少し時間も必要になてきます。
たくさん話し合って
たくさん喧嘩もして
その過程を経て
男性には敏感さが培われ
女性には鈍感さが培われていくのです。

良い例が長年連れ添ってきた夫婦の姿です。
夫は妻の期限が悪くならないように、髪を切ったり洋服を買えたりしたことに気づくようになってきます。
妻は夫の機嫌が悪くならないように、ダメなところはあえて知らぬふり、見て見ぬふりを澄ます。
これがある意味で夫婦円満の秘訣かもしれません。

男性のあなたは敏感い女性の変化に木づkています以下?
女性のあなたは男性の粗探しばかりしていませんか?
100点満点の男も100点満点の女性もまあいません。
だからこそ、この点には気を付けたいところです。
チャットレディ スランプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です