理想的な美肌を果物に例えるとリンゴではなく桃

美肌と聞いてあなたはどんなお肌をイメージしますか?
美肌のイメージいは
・うるおいのある嫉妬r費s田お肌
・つるつるのまるでゆで卵のようなお肌
などなど美肌を言葉で言い表すにはこんな感じかもしれません。
しかし、現実はどうでしょうか?
化粧品やにゅえきを毎日当たり前のように使っていて、そんなお肌になったことがありますか?
おそらくほとんどの方はそんな経験はないはずです。
ですから美肌のイメージを変えていかないといけません。

必ずしもお肌はしっとりとした状態が望アmシいとは限らないのです。

テレビC<や広告に使われているモデルさんの写真も。お肌がピンと張ったツルンツルンに見えるように演出しています。
実際にはかなりCG技術で加工してあるよに思えるのは私だけでしょうか。
でも、それはあくまでイメージで合って現実ではないのです。

本当に理想的な美肌とは
「しっとり肌」「つるつる肌」なんかより
「サラッと肌」
が良いのです。

理央素敵なお肌は別に
しっとりともしていなければ
ツルっともしていないのです。
あえていえばサラッとしているお肌です。

よくリンゴみたいなほっぺと言いますが、あれは色のことであてお肌のことではありあmせん。
もしリンゴみたいなツルッツルのお肌であれば、そのお肌は細胞が弱くなって、。新陳代謝が上手く行われていない状態です。
リンゴみたいにピンと張られた紙の状態のお肌は不健康な状態なのです。

理想的なお肌名はあえていうyなら桃です。
桃は皮も少し厚みがあり、皮も柔らかみがあります。
そんな桃みたいなお肌をマイクロスコープで見ると、決めgはしっかりhしていてsディン賃貸者が活発に行われていることがわかります。

お肌の中で弦ッとしているところはは皮膚が薄くクスミが目立ちやすいのです。

お肌の「しっとり」「ツルッツル」は決して理想的なお肌の状態ではないことをしておいてください。
それがあくまdめおイメージだけなんです。
イビサソープ 使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です