身体にぴったりの布団は何cm?素材はなにがいい?

身体に比べrて小さすぎる布団で寝ていては快眠は得られません。
寒い冬場では少しでも身体がはみ出していると寒いですし、少しでも寝返りを打てば身体がはみ出してしまいます。
逆に大きすぎる布団だと場所をとるだけですし、上げ下げも大変です。
そうするとついつい敷っぱなしのせんべい布団になるのがオチです。
そうなれば熟睡もできません。
適切な布団を選ぶ目安は、
敷布団で長さが慎重+354cm
幅は1m程度
が目安です。
なお掛け布団の幅は少し広めで、両手を広げたくらいがちょうどいいです。
これだけあれば身体をしっかり伸ばしてもゆったりしているでしょう。

そして布団の素材にもこだわって欲しいものです。
おすすめの敷布団の素材は木綿わたなのですが、これを重くて干すのが面倒だからと避ける方も少なくありません。
しかし、寝心地から考えれば敷布団には木綿わたが最高です。
一般的な合祀えわたは軽いのですが、吸湿性は木綿わたが圧倒的に優れています。
特に夏場は寝ている間でも大量に汗をかくのです。

しかし、掛け布団なら木綿わたよりも合成わたがおすすめです。
軽いうえに保温力が高いので、薄い布団で温かく眠ることができます。

意外とベッドやマットレスにこだわる人は多いのですが布団には無頓着な方が少なくありません。
ある意味布団はベッドやマットレスよりも重要な快眠のポイントです。
何万円もするマットレスは簡単に購入するのに布団はケチる方が多いです。
確かにマットレスやベッドは何年も使うものです。
ひょっとしたら 
軽く十寝に上は使い続けます。
だからこそベッドやマットレスにお金をかけるのをおsh字まないのかもしれません。
しかし、布団はそこまで長い期間使い続けるものではありません。
やはり毎日大量の汗を吸収しますし、痛みも早いものです。
でも、布団は毎日ずっと直接体に触れるものですから快眠を得るにはそれなりのお金は惜しまないでほしいものです。
マットレス 腰痛 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です