ドッグフードをライフステージ別で選ぶ

ドッグフードをライフステージ別で選ぶ選択肢もあります。

 

ライフステージ別でドッグフードを選ぶ

ドッグフードの中に全年齢対象のドッグフードもありますが、基本的にはライフステージで分けられていることが多いです。大きく分けて3つのライフステージで分類されています。

 

子犬用ドッグフード(1歳まで)

子犬はたった1年の間で骨や筋肉が急激に成長し成犬となるので成犬と比べ2倍近い栄養、カロリーが必要と言われています。

そのため、子犬用ドッグフードは成犬用ドッグフードよりも栄養価・カロリーが高く設計されています。

 

成犬用ドッグフード(1歳~8歳前後まで)

成犬になると成長は止まるので、高カロリーなドッグフードばかり与えてしまうと肥満の原因にもなります。

そのため、成犬用ドッグフードは一般的に高たんぱく、低カロリーに設計されていることが多いです。

 

シニア犬(老犬)用ドッグフード(6歳~8歳以降)

シニア期に入ると成犬期に比べて運動量が落ちることが多いです(個体差ありますが)。そのためシニア犬には高タンパク、低脂肪、低カロリーかつ老化に伴う関節や消化器官の衰えをケアをする成分(コンドロイチン、グルコサミン、EPA、DHAなど)が含まれているシニア犬用のドッグフードを選びましょう。

 

 

犬種別でドッグフードを選ぶ

犬種別でドッグフードを販売しているメーカーもありますが、特に犬種別ドッグフードにこだわる必要はないと判断しています。

その理由は以下の2点です。

・同じ犬種でも個体差があるので体質は異なる
・犬種別で必要な栄養素が大きく異なるのであれば全メーカーが犬種別で出している

犬種別でドッグフードを選ぶことは間違いではありませんが、それだけを理由に決めつけてしまうのはよくありません

 

ドッグフードの種類・特徴まとめ

ドッグフードを選びの基本は以下の通りです。

・目的別でドッグフードを選ぶこと
・ドッグフードのタイプで選ぶこと
・ライフステージ別で選ぶこと

この3点をまず抑えればドッグフード選びの基本は完璧です!本サイトではドッグフードに関する記事を他にも書いていますので、是非併せて参考にしてみください。愛犬に最もあったドッグフード選びの参考になるはずです!

 

モグワンドッグフードおすすめ

株式会社レティシアンが販売しているモグワンドッグフードがドライフードのなかではかなりおすすめです。ただし、楽天やフリマサイトなどで購入すると転売品をつかまされる可能性があるので注意が必要です。詳細については以下の記事を参考にしてください。

モグワン 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です