Author Archives: Stefano

マイクロバブルの性質

マイクロバブル(ファインバブルとも言う)というのは、直径がおよそ1~60μm以下のミクロの気泡のことで、
マイクロバブルに比べて、もっと小さい直径がおよそ1~3μm以下の気泡は「ナノバブル(ウルトラファインバブル)」と言われています。
これらに対し、わたしどもが毎日の生活の中で、お目にかかる気泡のほぼすべては、直径が数ミリの「ミリバブル」や
数センチの「センチバブル」と言われる気泡になります。
ミリバブルやセンチバブルは、水の中で発生したとしても、すぐに水面に浮かび上がってはじけて消失するわけですが、
マイクロバブルやナノバブルのように直径の小さい気泡の場合は、
その直径が小さくなるにつれて、浮力が小っちゃくなり、水の中を浮遊するようになります。

それから、これらのちっちゃい気泡は、一般的にマイナスの電荷を帯びていますので、
気泡同士が統合することもなく水の中に行きわたります。
浮力が小さいことや帯電していること、マイクロバブルのこういった特性が油などの洗浄に効果を示すことになって、
これらの効果を利用しての洗浄装置が、マイクロバブル洗浄装置だということです。

すでにマイクロバブルは、洗浄や水質浄化の効き目が確かめられ、工業分野を中心として産業活用が進行しています。
加えて、血液循環活性化や保温効果による美容・健康分野での採用ケースも拡大になってます。

それからこれからについては、医療分野での奮闘も期待されているというわけです。
マイクロバブル洗浄装置は、水と空気だけで生成した極小の気泡(マイクロバブル)を使用した洗浄装置になります。
マイクロバブルが、表面の汚れを吸着して水面に出現することによって、脱脂・混入物排除をおこなうと同時に再付着を阻止します。
ものすごい量の有機溶剤や酸・アルカリ溶剤を使い尽くすこれまでの工業洗浄に代わる環境にやさしいクリーニングをしていきます。

どこでもミラバス 分割払い

目がぷっくりする原因は?

まぶたの下(下まぶた)にできるふくらみやたるみが気がかりになったことはありませんか?

まぶたのすぐ下にある涙袋というわけではなく、下まぶたにできるふくらみやたるみというのは、相手に若々しさがなくなったイメージを与えるかもしれないですね。

それから、ふくらみがきっかけとなってシャドウができてしまうと、クマみたいにも見受けられるので、「気力がなくなってそう」と思われてしまうことだってあります。

だとしたら、どういう理由でまぶたの下にふくらみやたるみができてしまうんでしょうか。その理由に関して説明しようと思います。

まぶたの下にできるふくらみが起こる原因とされているのが、年齢の積み重ねが原因の下まぶたの加齢現象になります。

下まぶたというのは、外側からお肌、眼輪筋(がんりんきん)、眼輪隔膜(がんりんかくまく)、眼窩脂肪(がんかしぼう)というメカニズムをしています。他の場所とおんなじで、下まぶたのこういった組織も加齢現象にともなって減衰していき、次のように質が変化していくというわけです。

皮膚は、加齢現象と同時に、うるおい感がダウンしたり、皮膚のプルルンとした感じやハリのある感じをキープする細胞が減衰していきます。とりわけ下まぶたの皮膚はカラダの中でも薄く、細かいシワのできやすいスポットだったりします。

眼輪筋は想像できると思いますが、筋肉の一つです。加齢現象と合わせて、眼輪筋の筋力が少なくなることは、まぶたの下のたるみの原因になります。

眼輪隔膜は加齢現象と一緒にプルルンとした感じがなくなって緩んでいき、眼窩脂肪を支えるパワーが弱くなります。そうすると、眼窩脂肪が前に押し出されることになって、目の下がふくらむきっかけとなります。

こういったもののように、下まぶたのそれぞれの組織が消耗していきますと、まぶたの下にふくらみやたるみができるようになっていくのです。

この以外、眼輪隔膜や眼窩脂肪の下に存在する靭帯が弱まることや、加齢現象と並行して骨格そのものが形が変わってしまうことも、原因の1つとなります。

アイキララ2 効果